作曲ソフト、サウンド編集ソフトメーカー株式会社インターネット
作曲ソフト、サウンド編集ソフトメーカー株式会社インターネット
作曲ソフト、サウンド編集ソフトメーカー会社案内 お問い合わせ プレス リンク サイトマップ 検索
ホーム 作曲ソフト、サウンド編集ソフト製品情報 作曲ソフト、サウンド編集ソフトサポート 作曲ソフト、サウンド編集ソフトオンラインショッピング 学校教育 コミュニケーション

ホーム > 製品案内トップ > Singer Song Writerシリーズ > Singer Song Writer 10 Professional/Standard
Twitterで共有


コンテンツ
トップ
10 Professional製品ラインナップ
10 Standard製品ラインナップ
特徴
機能解説ムービー
AUDIO & MIDIを統合した楽曲制作
AUDIO機能
搭載するVSTプラグインエフェクト
Sonnox
NATIVE INSTRUMENTS
EQ Fileter
Room FX
Dynamics
Modulation
Ambient
Distortion
LoFi
Pitch Time
MIDI機能
MIDIフレーズトラック & フレーズエディタ
MIDIプラグイン
コンポーズ/アレンジ/リミックス
VSTi & ReWire
さまざまなフォーマット、メディアで作品をリリース
動作環境
体験版のダウンロード
Professinal/Standard 機能比較表
他製品との機能比較表(PDF)
対応VSTi情報
対応VSTエフェクト情報
関連書籍
バージョンアップ・優待販売
店頭セミナー・デモのご案内










この進化はあらゆるクリエーターの楽曲制作で真価を発揮する

Singer Song Writer 10は、作曲、アレンジ、レコーディング、サウンドメイク、ミキシング、そしてマスタリングからリリースまで、楽曲制作の全てのワークフローを支えるためのAUDIO & MIDI機能とバーチャルなスタジオシステムを統合した音楽制作ソフトウェア(DAWソフトウェア)です。

高品位なサウンドクオリティ、柔軟で多彩なクリエイティブ力、優れた視認性と直感的な操作性、ハイエンドな制作環境を構築する拡張性など、あらゆるクリエーターが妥協を許すことのないハイクオリティな音楽制作環境をご提供します。



当ページをご覧になる前に

Singer Song Writer 10 Professionalの機能には マークを記載しております。10 Standardとの機能の比較は機能比較表をご覧ください。


製品ラインナップ

Singer Song Writer 10 Professionalシリーズの
製品ラインナップを見る

Singer Song Writer 10 Standardシリーズの
製品ラインナップを見る

デモソングの試聴
準備中
体験版のダウンロード
デモソングのリズムトラックは付属のオーディオループを使用して作成しています。
※デモソングの再生には Windows Media Player 9以降が必要です。

製品紹介ビデオ



ニュースリリース




主な新機能

32ビット、64ビットネイティブアプリケーション。

ユーザーインターフェースを一新。ツールバーやソングエディタは配色のカスタマイズが可能。

AUDIOエンジンを刷新。さらに高品位なサウンドと安定した同期精度を実現。

AUDIOトラックで最大8ポートまでの同時録音が可能(ASIO対応のAUDIOデバイスの場合)。

ボーカルのピッチやタイミングのズレを補正するボーカルエディタを搭載。

バーチャルAUDIOトラック内のAUDIOデータは、Chain機能でイベントごとに選択してベストテイクの作成が可能。

VSTプラグインエフェクトのサイドチェインに対応。

MIXERウィンドウに、VOLUMEオートメーション後もレベル調整が可能なAUDIO OUTPUT Trim機能を搭載。

ソングエディタで、オーディオデータをカーソル位置で分割やドラッグで移動させる際の波形表示が可能。

MIDIフレーズデータをAUDIOフレーズと同様のループ(繰り返し)操作で伴奏を作成可能。指定したコードに展開しながらループします。1,300種類を追加し、およそ3,400種類のMIDIフレーズデータを収録。

AUDIOフレーズデータはドラムやパーカッションの素材を300種類追加し、合計でおよそ3,900種類を収録。

ループ操作で伴奏が作成できるオリジナルのAUDIOフレーズデータ(ACIDファイル)とMIDIフレーズデータの作成と、データベースへ追加が可能。

フレーズパネルのフレーズ素材はリスト表示に加え、ツリー表示も可能。

各MIDIトラック単位でMIDI INPUTデバイスの選択やReWire、VSTiからの入力が可能。外部MIDI機器からのリアタイム入力の際、キーシフトやベロシティシフト、FIXの設定も可能。

アレンジデータは、120ファイル・3,300パターン(小節)を追加し、およそ390ファイル・9,700パターン(小節)を収録。

楽曲再生中のUNDO・REDO、VSTi やReWireの追加・削除、トラックの追加・削除が可能。

VOCALOIDTM3 EditorとのReWire接続が可能(Singer Song Writer専用/VOCALOIDTM3 Editorは付属していません)。

シングto スコアの音程検出エンジン「A.S.C」がバージョン3へ。簡単な設定で、鼻歌やハミングなどからさらに精度の高い音符(MIDI)データを入力可能。

楽譜印刷で音符サイズを詳細に設定可能。

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE ELEMENTSや当社開発の6Band EQ、Tap Delay、PitchCorrect、Adv.PitchShift2、Adv.TimeComp2など高品位なVSTプラグインエフェクトを追加で収録。


幅広いジャンルのサウンド、新しいサウンド作成を実現するため、KOMPLETE ELEMENTSなど新たにVSTインストゥルメントを収録(機能比較表参照)。


ASIO非対応オーディオインターフェースでASIOレベルの低レイテンシーを実現するオーディオドライバを収録。

64ビット版アプリケーションからでも32ビット版VSTが利用可能。

ReWire2.6.3対応 (64ビット対応)。

※Singer Song Writer 9をお使いのユーザー様へ
Singer Song Writer 9 Professionalに収録されているLinPlug OCTOPUSおよびSinger Song Writer 9 Professional/Standardに収録されているLinPlug Organ3は、そのままSinger Song Writer 10 Professional/Standardでお使いいただけます。





ページトップ