ホーム > 製品情報 > ABILITY 4.0 > 特長


特長
先進の64ビットネイティブ対応AUDIOエンジンを搭載、定評のある高品位なサウンドクオリティでレコーディング
64ビットdouble内部処理、クリアなサウンドで扱う先進のAUDIOエンジンを搭載。
最大24bit/192kHzまでのAUDIOフォーマットに対応し、原音に迫るクオリティでミュージシャンの息遣いまでも録音できます。
各トラック最大16個までのRECエフェクトを使用した掛け録りと、後掛け用にドライサウンドで録音も可能。(ElementsはPreに最大16個)

録音時は、1つのAUDIOトラックにつき最大64トラックまでのバーチャルトラックを作成しながらレコーディング。
録音後は、Activeモードでベストテイクの選択や、Chainモードで各テイクからベストなフレーズパートをつないで、妥協のないテイクを作成できます。
  • 使用するオーディオインターフェースの仕様に準じます。
  • AUDIOトラック数は無制限です。

  • より柔軟になったワンウインドウモードNEW
    楽曲制作の中枢を担うソングエディタとミキサーコンソール、メディアブラウザ、ステップシーケンサー、さらにはピアノロールエディタ、スコアエディタ、ステップエディタほか各種エディタをワンウインドウにレイアウトして表示。
    スコアや、ピアノロール、ミキサー、任意のウインドウをメイン位置に表示が可能になり、より見やすいレイアウトが可能になりました。

    各エディタは、最大4分割まで可能な表示エリアのどこにでもドッキングして表示できます。
    同じ領域にドッキングしているウインドウはタブで切り替えが行え、楽曲全体の視認性が大幅にアップ。

    マウスのドラッグでフローティングとワンウィンドウへのドッキングが可能

    左右2列、上下各2段の4分割まで可能に変更NEW

    ソングエディタもフローティング可能にNEW

    視覚性、機能が向上したピアノロールエディタNEW
    視覚的に音符やコントローラの入力が行えるピアノロールエディタは、新たにロールバー上にコントロール表示が可能なNote Expression表示、ベロシティ値に応じたロールバーの色分け表示、ロールバー上に音名表示が行えます。


    色分け表示 音名表示
    最大32分割まで一度にノートを分割するノート分割機能、ストリップチャートで選択ノートのみベロシティを編集できる編集モードをサポート。

    ノートエクスプレッションエディタを搭載NEW
    エクスプレッションエディタではノート(音符)ごとにPitch Bend、Control Change、VST3エクスプレッションの入力・編集が行え、これやの情報は音符の移動や、コピーペースト時にノートと共に移動、ペーストが行われます。


    ピアノロールではロールバー上にノートエクスプレッションを表示することができます。

    Vコントローラを搭載NEW
    MIDIトラックのオートメーションの入力を容易にするVコントローラを搭載。
    各コントロールは自由に任意パラメータにアサイン可能。

    ソングエディタでのオーディオ編集が向上NEW
    ソングエディタでのオーディオ編集では従来の編集に加え、ノーマライズ、ゲイン、リバースなど、ウェーブエディタを開かずに直接行うことが可能になりました。

    また、タイムコンプレッションモードでは、オーディオブロックの終端をドラッグして、タイムコンプレッションが可能。

    多彩な楽器[VSTi(インストゥルメント)|VST3/2対応]
    1台で同時に複数の楽器のサウンドを演奏できるマルチティンバー音源や、リアルで自然な響きで鳴るドラム音源、POPやエレクトロサウンドには欠かせないアナログやデジタルシンセサイザーなど、アイデアやイメージを表現するための高品位なサウンドのVSTiをProは13種類、Elementsは4種類を収録しています。



    IK Multimedia SampleTank 4 SE Pro
    厳選された2,000種類・30GBを超えるインストゥルメントと、70種類の内部エフェクトを搭載したサウンド & グルーブワークステーション。(税込19491円相当)
    収録インストゥルメント
  • ABILITY 4.0 Pro以外(他社DAWを含む)でもご使用いただけます。



  • IK Multimedia MODO DRUM SE 1.5 ProNEW
    フィジカル・モデリングによるサウンドの生成と先進のサンプリング技術によるカスタマイズを実現するドラム音源。
    3種類が追加され、Jazzy、Studio、Brit Custom、Metal、Silverの5種類のドラム・キットを収録。(税込19491円相当)
    UVI Model D Pro
    Steinway Concert Grand Model Dのバーチャルピアノ音源。(税込5455円相当)


    AMSNEW
    自社製GM2・GS対応マルチティンバー音源。
    サンプラー/オシレーターのハイブリッド音源による高品位な418音色・13ドラムキットを内蔵。
    MASTER OUT / OUTPUT1-16のパラアウト(17マルチアウト)が可能。





    SPECTRAL(ABILITY 4.0専用)Pro
    多彩なサウンドを作り出すことができるシンセサイザー。
    MorphoX(ABILITY 4.0専用)Pro
    モジュレーション・ホイールを操作するだけで、簡単にモーフィング・サウンドを得られるシンセサイザー。


    Octopus(ABILITY 4.0専用)Pro
    デュアルマトリクス方式のシンセサイザー。
    CrX4(ABILITY 4.0専用)Pro
    マルチタイプの音源方式に対応したシンセサイザー。


    RM V(ABILITY 4.0専用)Pro
    64音ポリフォニック・ドラム・シンセサイザー。
    Saxlab2(ABILITY 4.0専用)Pro
    最高のリアリティあふれるサウンドが得られるサックス専用シンセサイザー。


    ALPHA3(ABILITY 4.0 専用)
    初期のシンセサイザーのサウンドとすべてが思い通りに操作できるシンプルな構造のアナログシンセサイザー。
    Organ 3(ABILITY 4.0専用)
    Hammond B3 と伝統的なVox、Farfisaのサウンドをエミュレートした音源です。


    VSC(ABILITY 4.0 専用)
     
    902音色、26ドラムセットを内蔵したマルチティンバー形式のシンセサイザー。
     

    さらにVSTi対応のソフト音源を追加すればあらゆるサウンドを使用可能です。
  • Elementsは、SampleTank 4 SE、MODO DRUM SE 1.5、UVI Model Dほか、収録されていない音源がございます。

  • 4台までのコントロールサーフェスを同時に使用しパワフルなDAW環境を構築可能NEW
    ミキサーのフェーダーやPANなどのツマミやノブを画面上でマウスで操作することなく、実際のハードウェアのように扱えるコントロールサーフェス(フィジカルコントローラー)を最大4台まで使用可能。
    例えば、8フェーダーのサーフェスを2台同時に使用すると16トラックを同時にコントロールできます。

    ロケータ(PLAY / STOPなど)やトラックに関係のないコントロールはどのサーフェイスからでも操作が行えます。

    拡張性を増すファイルフォーマットへ対応NEW
  • MUSIC XMLファイル対応
    楽譜作成・印刷や各種楽譜ソフトウェアとデータ交換、楽譜のオンライン配布ができるファイルフォーマット。
    1. 発想記号、速度記号、装飾記号、4段以上の歌詞、ABILITY 4.0でサポートされていないコード名、タブ譜、およびABILITY 4.0でサポートしていない譜表のパート、ギターダイアグラムなどは読み込めません。
      また、読み込み先のソフトウェアによって表示が変わります。

  • AAFファイル対応
    オーディオデータの配置、VOLUME / PANPOT情報をソフトウェア間でやり取りできるファイルフォーマット。
    1. VOLUME / PANPOTオートメーションの読み込み・書き出しの可否は、ご使用のDAWにより異なります。

  • インテリジェンスなコンポーズ・アレンジ・リミックス支援機能
    独自のアレンジアルゴリズム「C.A.E3」を搭載した、インテリジェンスなコンポーズ・アレンジ・リミックス機能で作曲を支援。

    コード進行の指定や、収録するコード進行データベース、AUDIO & MIDIの演奏フレーズや伴奏パターンの組み合わせにより、クリエーターのヒラメキを具現化し、スピーディに楽曲を組み立てられます。
    収録するパターン以外にもオリジナルの演奏フレーズやパターンを追加できる拡張性を備え、バリエーション溢れるアレンジやリミックスが行えます。
    スケールウィンドウでは、指定のコード名から使用可能なスケールを五線譜もしくはギターフレットで表示。
    メロディラインやアドリブの作成にも威力を発揮します。

    CHORD PADでは、正確でバリエーション溢れるコード進行の設計を支援。
    430種類のコード進行素材、300種類のメロディ付きコード進行素材を収録しています。

    およそ70ジャンル・3,400種類のMIDIフレーズデータを収録。


    音楽理論を味方に、正確でバリエーション溢れるコード進行を設計
    CHORD PADは、作成する楽曲のキー(調)と現在指定しているコードを基準に、次に続く最適なコードや音楽理論上使えるコードを、コードの種類やディグリーネームごとに提示。
    音楽理論を必要とせず、正確でバリエーション溢れるコード進行の設計を支援します。

    すでに得意なコード進行パターンをお持ちの方にも、新たなヒラメキを導くツールとしてご活用いただけるでしょう。

    楽曲制作用の素材を一元管理できるメディアブラウザ
    楽曲制作で使用できるコード進行、MIDIアレンジデータ、AUDIO/MIDIフレーズデータ、MIDIフレーズRECデータを一元管理。
    マウス操作だけで、試聴からソングエディタへのドラッグ&ドロップで素早く楽曲を組み立てられます。


    AUDIOフレーズ、MIDIフレーズ
    およそ70ジャンル・4,100種類のAUDIOフレーズデータ(ACIDファイル)を収録。

    搭載する高品位なタイムストレッチ & ピッチシフトエンジンにより、キーやテンポ情報が設定されたACIDファイルは、入力位置に指定したコードのルートやテンポに合わせ、高音質でトランスポーズ & ストレッチされます。

    およそ70ジャンル・3,400種類のMIDIフレーズデータを収録。
    ACIDファイル同様のループ(繰り返し)操作で伴奏作成が行え、コード進行を指定している場合はコードのタイプやオンベース、テンション、テンポを反映して展開されます。

    AUDIOフレーズとMIDIフレーズは、いずれもオリジナルのフレーズを作成可能です。

    ACIDファイル以外のAUDIOデータや、録音したAUDIOデータもテンポストレッチとキーチェンジが可能
    入力時や入力済みAUDIOデータをアシッダイズ(ACIDファイル化コマンド)することにより、ソングに設定したテンポやキーにあわせてテンポストレッチやキーチェンジが可能。
    AUDIO入力後でもソングのテンポ変更に追従します。

    ドラムパターンやダンス系・クラブ系の繰り返しフレーズの高速な打ち込みにも適したステップシーケンサーを搭載
    ドラムパターンやダンス系・クラブ系の繰り返しフレーズを高速に作成可能。
    最小64分音符まで対応し、各ラインに設定したノートの各ステップをクリックするだけで、ドラムパターンやシーケンスパターンが組めます。
    逆に、入力済みのMIDIフレーズデータをステップシーケンサーで編集することも可能です。

    こだわりの演奏を再現するMIDIシーケンス機能
    外部キーボードなどMIDI機器を使ってのリアルタイム入力やステップ入力などに加え、ピアノロールエディタ、スコアエディタ、ステップエディタなど各種エディタでマウスやパソコンのキーボードを使い、MIDIデータの打ち込みが可能。

    ステップエディタでは、VelocityやDeviationなどの各種パラメータを操ってスピーディな入力が行えます。

    新搭載のシャッフル機能では、簡単に入力音符のグルーブをイーブンやシャッフルに変換できます。NEW

    ボーカルエディタとビートエディタでAUDIOデータに自由を
    ボーカルエディタは、楽曲の要となるボーカルのピッチやタイミングのズレを、クオリティを損なうことなく補正。
    メロディラインのピッチとタイムを自動検出し、一音一音をブロック表示。
    本来非常に困難な音程、発音の長さ、タイミングの補正やビブラートの設定をマウスのドラッグ & ドロップで手軽に行えます。

    ビートエディタは、AUDIOで録音したギターやドラムなどのリズムの乱れの補正や、フレーズの差し替え、新たなビートの創出が可能。
    さらにクオンタイズ機能でジャストなタイミングや自然なニュアンスを残しながらなど、発音タイミングの補正や修正を簡単に行えます。

    あらゆるVSTプラグインエフェクトをMS対応のエフェクトに
    L/Rチャンネル両方あるいはLチャンネルやRチャンネルの片チャンネルのみにエフェクト処理が行えるPINコネクトと、エフェクトの前後でMSエンコードとデコードが行えるMS処理機能を装備。

    PINコネクトとMS処理を組み合わせて使用すると、MS非対応のエフェクトでもステレオ信号をMID(CENTER)とSIDEに分解し、それぞれを個別に調整できるMS対応のエフェクトとして使用可能です。

    AUDIOエフェクト(VSTプラグインエフェクト|VST3/2対応)
    各AUDIOトラックのPre/Post/Recで、VST3ならびにVST2対応のプラグインエフェクトをインサートエフェクトとして、それぞれ最大16個まで使用可能。(ElementsはPreに最大16個)

    VSTプラグインエフェクトとして、Proは57種類、Elementsは37種類を収録しています。 詳細

    世界のプロフェッショナルなレコーディング現場で高い評価を誇るイギリスSonnox社製のEQUALISER & FILTERSPro、LIMITERPro、REVERBProや3種類のRestoraionエフェクトと、イタリアIK Multimedia社製のギター/ベース用アンプ & エフェクト・モデリング・ソフトウェア「AmpliTube 5 SEProNEW(税込19491円相当)」を収録。
  • ElementsはSonnox EQUALISER & FILTERS、LIMITER、REVERB やIK Multimedia AmpliTube 5 SEほか、収録されていないプラグインエフェクトがございます。

  • クリアかつパワフルなミキシング
    AUDIOのミキサーコンソールでは、各チャンネルストリップのSTRIPエフェクトとして組み込まれたGate、Comp、EQ、Saturation、Limiterの5種類のエフェクトと、Pre / Post / Recそれぞれに最大16個までのインサートエフェクト(ElementsはPreのみに最大16個)を使いサウンドメイクが可能。
    複数トラックのVolumeやPanpotなどはVCAフェーダーProやChannel LinkProでまとめてコントロール、ヒストリー機能Proを使いトライアンドエラーでパワフルなミキシングワークが行えます。

    さらに、録音ソースの位相を反転する「Phase」スイッチNEWや入力をMONOにする「MONO」スイッチNEW、レベルメーターをRMS(Root Mean Square Value)モードにする「RMS」スイッチNEW、そしてディザリング処理をおこない歪みノイズを軽減するOUTPUTトラックの「Dither」スイッチNEWを新たに搭載。
    クリアかつ細部までこだわりのサウンドメイクが可能です。

    一方、チャンネルストリップにビルトインされたエフェクトのUI表示、フェーダーの縦方向への拡大縮小、各トラックのスリム表示、全体/上段/下段の切り替え表示など、視認性や操作性が格段に向上し、スムーズなミキシングのワークフローを実現。
    煩雑な操作に迷わされることなくミキシングへ集中していただけます。

    VCAトラックを含め、すべてのトラックはオートメーション対応。
    マウスでの入力の他、ミキサー画面やVST画面でのパラメータ操作、外部コントローラの操作によるオートメーション・ライトが行えます。
  • ElementsはVCAフェーダー、Channel Linkはございません。

  • オートメーション
    各トラックのVOLUME / PAN / SEND / SEND MODE / MUTE / VSTパラメータはコントロールサーフェイスやミキサーウインドウ、VSTエディット画面の操作からオートメーション書き込みが行えるほか、ソングエディタでの入力も可能です。

    複雑なミキシングワークはAUDIOミキサーインスペクターでスマートに管理
    インサートエフェクトやSTRIPエフェクト、VCAフェーダーPro、Channel LinkPro、SEND、Pre / PostPro / RecPro選択などをワンウインドウに表示。
    複雑になりがちなオーディオトラックのミキシングも、AUDIOミキサーインスペクターでトラック単位にミキサーワークを俯瞰しながら、エフェクトやPAN、VOLUMEなどの設定が行えます。

    AUDIOミキサー同様、録音ソースの位相を反転する「Phase」スイッチや入力をMONOにする「MONO」スイッチ、レベルメーターをRMS(Root Mean Square Value)モードにする「RMS」スイッチ、そしてディザリング処理をおこない歪みノイズを軽減するOUTPUTトラックの「Dither」スイッチを新たに搭載しています。NEW
  • ElementsはVCAフェーダー、Channel Link、Post / Rec選択はありません。

  • 楽譜作成機能
    リアルタイム入力や各種エディタなどで入力したMIDIデータを、譜面作成エディタでフォントやサイズまで細かく設定、奇麗にレイアウトを調整し、印刷や画像データとして保存可能。
    大譜表やギタータブ譜、ドラム譜など様々な譜表形式に対応。
    音楽記号や速度記号、歌詞なども入力・表示が行え、パート譜からオーケストラ用の精細な楽譜までも作成可能です。

    最大100個までのプロジェクトファイルを自動バックアップで楽曲制作に専念
    楽曲制作に専念できるように、VSTi(インストゥルメント)のパラメータも含め、制作中の大切なプロジェクトファイルを指定した時間の間隔で自動的にバックアップ保存。
    不測のトラブルにより異常終了した場合も、終了前に保存されたファイルを読み込むことができ、被害を最小限に抑えられます。

    AUDIOとMIDIの安定した同期環境を提供
    マルチコアCPU搭載のPCではAUDIOプロセッシングを並列処理。さらに威力を発揮します。

    クリエイティブパワーを最大限に発揮する拡張性
  • ReWire対応
  • VST2/3対応
  • 4台までのコントロールサーフェスを同時に使用し、パワフルなDAW環境を構築可能。NEW
  • ASIO2.0対応
  • ASIO非対応AUDIOインターフェースで、ASIOレベルの低レイテンシーを実現するAUDIOドライバを収録。
    ASIO非対応のAUDIOインターフェースでも、外部MIDIキーボードやシーケンス演奏時の遅延を抑えることができます。

  • ファイル互換
    以下のファイル形式を読み込めます。
    • ABILITY 3形式 (*.ab3)
    • ABILITY 1/2形式 (*.abi、*.ss11)
    • Singer Song Writer 全シリーズ(*.ss10、*.ss9、*.ss7~*.ss2、*.lt10、*.lt9、*.lt7、*.lt6、*.ssw)
    • スタンダードMIDI FILE形式[フォーマット0/1](*.mid)
    • レコンポーザ形式(*.rcp、*.r36、*.g36)
      (MIDI情報のみ読み込み可能です。)
    • MUSIC XMLファイル(*.xml)NEW
    • AAFファイル(*.aaf)NEW

    さまざまなフォーマット、メディアで作品をリリース。DDP出力もサポート
    完成した楽曲は、ミックスダウン&マスタリングをしてAUDIOファイルへ出力や音楽CD作成、楽譜印刷、音楽配信などさまざまな形でリリースできます。
    ISRC/EANの設定も可能。
    CDプレス時のフォーマットDDP出力をサポートしています。