作曲ソフト、サウンド編集ソフトメーカー株式会社インターネット
作曲ソフト、サウンド編集ソフトメーカー株式会社インターネット
作曲ソフト、サウンド編集ソフトメーカー会社案内 お問い合わせ プレス リンク サイトマップ 検索
ホーム 作曲ソフト、サウンド編集ソフト製品情報 作曲ソフト、サウンド編集ソフトサポート オンラインショッピング 学校教育 コミュニケーション

ホーム > 楽しく学べる 作曲・アレンジ講座
Twitterで共有


コンテンツ
第1回 ドレがドレミ?
第2回 人に好まれるメロディーの秘密
第3回 この曲は何拍子?
第4回 “コードネーム”を攻略!!〜基礎・前編〜
第5回 知っておきたい「メロディー作り」の掟
第6回 グルーブってなんだろう?
第7回 コードにメロをのせる方法
第8回 メロディにコードをつける方法その1〜スリーコード編〜
第9回 メロディにコードをつける方法その2〜副和音編〜
第10回 “コードネーム”を攻略!! 〜基礎・後編 7thコード〜
第11回 7thコードの使い方

音楽作成ソフトのご紹介
ABILITY 2.0
Singer Song Writer Lite 9
Singer Song Writer Start









第9回 メロディにコードをつける方法その2〜副和音編〜

前回紹介したスリーコードによるコード付けから一歩進めて、今回はスリーコード以外のダイアトニックコードによるコード付けの方法とコードのキャラクターについて学びましょう。

【動画で第9回の内容を見る】


まずは基本を知っておこう

次のサンプルを聴いてみてください。

コードサンプル9a1
コードサンプル9a2

最初のコード進行はスリーコードによる演奏で、2つ目はスリーコード以外のダイアトニックコードを使った演奏です。

少しコードのバリエーションが豊かになったのが分かると思います。

このスリーコード以外のダイアトニックコードは副和音(セカンダリーコード)と言います。 

譜例9a1
スリーコードを使った例です。



譜例9a2
副和音(セカンダリーコード)を併用した例です。




コード付けの基本

メロディに対してコードをつけるには、前回同様コードトーンと照らし合わせてコードを選びます。

やり方は色々ありますが、ここではまずスリーコードで付け、そこから副和音に置き換えるという方法を紹介します。

同時に各ダイアトニックコードの分類とキャラクターについても考察してみましょう。

※()はキーCのダイアトニックの場合、ドミソは階名として説明します。

<スリーコードのキャラクター>
● I (C)トニック 構成音は「ド・ミ・ソ」



とても安定しており、どのコードにも進めます。

キーの中心となる「ド」の音をルートとしている点と、メジャーであることを決定づける「ミ」がポイントになっています。

多くの楽曲は基本的にこのコードで終わります。

●IV (F)サブドミナント 構成音は「ファ・ラ・ド」



曖昧なキャラクターで、IにもVにもすすめます。

「ミ」の半音上の「ファ」をルートとしており、この「ファ」は「ミ」に進みたがる性質を持っているのと、「ド」は「シ」にも動きやすいという部分が曖昧な性格の要因です。

IもしくはVに進めます。

●V(G)ドミナント 構成音は「ソ・シ・レ」



不安定なキャラクターで基本的にはトニックに進みたがります。

「シ」の音は「ド」に進む事で安定します。

4声として「ファ」が加わると、さらに不安定なキャラが強くなります。

Iに進む進行はドミナント進行と呼ばれ、強い終止感を伴います。

楽曲の終わりの部分などによく使われます。またIVにも進めますが、V→IVの進行は「逆進行」などとも呼ばれています。

ブルースなどでは定番のとても印象深い進行です。


副和音のキャラクターと代理和音として使う方法

■IIm(Dm) 機能はサブドミナントに準じます。IVと構成音が似ており、しばしばIVの代わりに使います。

スリーコードの場合
コードサンプル9c1



Fの代わりにDmを使った進行
コードサンプル9c2



スリーコードの場合(メロディが「レ」の時も使えます)
コードサンプル9d1



Dmに置き換えた場合
コードサンプル9d2



■IIIm(Em) 基本的にはトニックに準じます。(使い方によってはドミナント)Iの代わりに使えますが、通常ここからIのコードには進みません。

スリーコードの場合
コードサンプル9e1



Emを使った場合
コードサンプル9e2



スリーコードの場合(メロディーがシのときに使えます)
コードサンプル9f1



Emを使った場合
コードサンプル9f2



■VIm(Am) トニックに準じます。a.Iのかわりに使えます。マイナー系のトニックでもあるのでCよりも暗い雰囲気が持ち味で、このコードで終わる事もできます。

スリーコードを使った場合
コードサンプル9g1



Amを使った場合
コードサンプル9g2



スリーコードの場合(メロディが「ラ」の時も使えます)
コードサンプル9h1



Amを使った場合
コードサンプル9h2



■Bm(b5)ドミナントに準じます。ですが、基本的にはこのコードを単体でVの代わりに使う事はありません。特別な使い方をするコードなので、これに関してはまた改めて別の機会に説明します。






ページトップ