マイページへログイン
サポートトップ
よくある質問
ダウンロード
使いこなす

使いこなしのテクニックCubase をホストアプリケーションとして使用する Cubase をホストアプリケーション、ABILITY 2.0 Proをクライアントアプリケーションとして利用した例をご紹介します。

ReWireクライアントに対応している製品

ABILITYシリーズはすべての製品が ReWireクライアントに対応しています。

AUDIOの同期

  1. Cubase を起動します。(最初に起動したアプリケーションがホストアプリケーションとして動作します。)
  2. Cubase で ABILITY 2.0 の ReWireデバイスを選択します。
    Cubase メニューの「デバイス」→「ABILITY 2.0 Pro ReWire」をクリックします。
    Cubaseメニュー
  3. Cubase にオーディオ出力する ReWire Ch をONにします。
    ReWireデバイス選択
  4. ABILITY 2.0 Pro を起動します。(2番目に起動したアプリケーションがクライアントアプリケーションとして動作します。)
  5. ABILITY 2.0 の AUDIOトラック、又は、VSTi Chトラックの出力ポートを、ReWireオーディオデバイス(Miz-L+Mix-R)に設定してください。
    出力ポート設定
  6. Cubase で曲を再生して、同期していることを確認します。

    なお、製品終了時には、ABILITY 2.0(クライアントアプリケーション)終了してから、Cubase(ホストアプリケーション)を終了してください。

MIDIの同期1
Cubase のMIDIトラックの出力を ABILITY 2.0 で受信して、ABILITY 2.0 のVST音源を使用する

  1. Cubase を起動します。(最初に起動したアプリケーションがホストアプリケーションとして動作します。)
  2. ABILITY 2.0 を起動します。(2番目に起動したアプリケーションがクライアントアプリケーションとして動作します。)
  3. ABILITY 2.0 のMIDIトラック、INPUTデバイスでクライアントアプリケーションのデバイスを設定します。
    入力ポート設定
  4. MIDIトラックに音源を設定します。
    音源を設定
  5. Cubase のMIDIトラック、出力ポートに ABILITY 2.0 Bus ch を設定します。
  6. Cubase で曲を再生して、同期していることを確認します。

    ※ホストアプリケーション(Cubase)とクライアントアプリケーション(ABILITY 2.0)の曲のテンポが異なる場合には、ホストアプリケーション(Cubase)のテンポ情報を取得してください。
    【テンポ情報の取得方法】ABILITY 2.0(ソングエディタ)メニュー「オプション」→「ReWireからテンポを取得」をクリック。

    なお、製品終了時には、ABILITY 2.0(クライアントアプリケーション)終了してから、Cubase(ホストアプリケーション)を終了してください。

MIDIの同期2
ABILITY 2.0 の MIDIトラックの出力を Cubase で受信して、Cubase の VST音源を使用する

  1. Cubase を起動してください。(最初に起動したアプリケーションがホストアプリケーションとして動作します。)
  2. ABILITY 2.0 を起動してください。(2番目に起動したアプリケーションがクライアントアプリケーションとして動作します。)
  3. ABILITY 2.0 のMIDIトラック、出力ポート設定をおこないます。 出力ポート設定
  4. Cubase の MIDIトラック、入力ポートに ABILITY 2.0 Pro Bus chを設定します。 入力ポートの設定
  5. Cubaseで曲を再生して、同期していることを確認します。

    ※ホストアプリケーション(Cubase)とクライアントアプリケーション(ABILITY 2.0)の曲のテンポが異なる場合には、ホストアプリケーション(Cubase)のテンポ情報を取得してください。
    【テンポ情報の取得方法】ABILITY 2.0(ソングエディタ)メニュー「オプション」→「ReWireからテンポを取得」をクリック。

    なお、製品終了時には、ABILITY 2.0(クライアントアプリケーション)終了してから、Cubase(ホストアプリケーション)を終了してください。