Sound it! Lesson

Sound it! Lesson とは?

この”Sound it! Lesson”では、オーディオデータの編集、加工、エフェクターを中心とした操作方法をご紹介いたします。

まずはじめに・・・

はじめに、編集と加工を行う際に必要な、データの読み込みと範囲選択、データの保存についてご案内します。

ファイルを開く

  1. 「ファイル」メニューから「開く」をクリックします。
    ショートカットキー:[Ctrl][O]
    ファイルを開く
  2. 編集したいファイルがある場所を指定し、データを選択して「開く」をクリックします。
    オーディオファイルの読み込み
  3. 選択したファイルが読み込まれました。
    ファイルの読み込み-波形表示

ワンポイントアドバイス

他にも、次のような方法でファイルを開くことができます。詳しくはマニュアル、ヘルプをご覧ください。

  • メディアブラウザを開いてドラッグ&ドロップで開く:[Shift][B]
  • 開いたファイルの履歴一覧から『ファイル』メニュー
  • 選択範囲をウィンドウの外にドラッグ&ドロップして新規ファイルとして開く
  • MIDIファイルをオーディオファイルに変換して開く『ファイル』メニュー

範囲選択

データを加工する前に、どの部分に対して加工を行なうのかを予め範囲選択しておく必要があります。
選択された範囲は黒く反転します。

波形全体を選択する場合

  1. 「編集」メニューから「全てを選択」をクリックします。
    ショートカットキー:[Ctrl][A]
    全てを選択
  2. 全体が選択され黒く反転しました。
    全選択

特定の部分を選択する場合

  • マウスで波形をドラッグします。
    特定の部分を選択する場合

ワンポイントアドバイス

他にも、次のような方法で範囲選択したり、選択範囲を変更することができます。詳しくはマニュアル、ヘルプをご覧ください。

  • 現在のカーソル位置から、マウスクリックした位置まで選択する:[Ctrl]マウス左クリック
  • 範囲選択ダイアログで指定する:[Ctrl][f]
  • カーソルを移動しながら選択する:[Ctrl][←] / [→]
  • マーカー間を選択する(マーカー一覧を表示):[Ctrl][Shift][m]
  • 選択状態を保ったまま開始位置を変更する:[Alt][←] / [→] または [Alt]マウス左クリック
  • 選択状態を保ったまま終了位置を変更する:[Ctrl][←] / [→] または [Ctrl]マウス左クリック
  • 選択範囲の両端をゼロクロス位置に補正する『編集』メニュー→「ゼロクロス」

再生と停止

再生

  • プレーヤーの再生ボタン(または[Space]キー)をクリックします。
    再生

停止

  • プレーヤーの停止ボタン(または[Space]キー)をクリックします。
    停止

ファイルに保存

加工前のファイルを残しておき対場合は、「名前を付けて保存」し、別名をつけて保存します。
加工前のファイルが必要ない場合は「上書き保存」を行ないます。

名前を付けて保存

  1. 「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」をクリックします。
    ショートカットキー:
    [Ctrl][Shift][s]
    名前を付けて保存
  2. 保存先を指定し、別名を付けて保存します。
    マイドキュメントやマイミュージックなど、分かりやすい場所にフォルダを作って保存することをお勧めします。
    また、ファイルの種類で、他のファイル形式を選択するとファイル変換することができます。
    名前を付けて保存

上書き保存

  • 「ファイル」メニューから「上書き保存」をクリックします。
    ショートカットキー:[Ctrl][s]
    上書き保存